矯正歯科のハテナを解説《知識を詰め込もう》

歯並びを良くするには

老若男女問わず矯正を行なっている方は年々増えてきています。そして、治療法は大きく分けると2種類あるので、どちらが自分に適しているのかを把握しておくといいかもしれません。

治療法の違い

ワイヤーを使う

ワイヤーを用いた治療をすれば、出っ歯や凹凸がある歯並びでも治すことが可能となっています。また、仕上がりを綺麗にすることもできるので、チャレンジしてみると良いでしょう。

ワイヤーを使わない場合

ワイヤレスのものですと、歯に付けている装置を他人に見られることがありません。そして、食事もスムーズに行なうことができるようになっているので、お勧めされています。

矯正歯科のハテナを解説《知識を詰め込もう》

女性たち

期間はどれぐらいか

矯正歯科で治療を受ける期間は個人差にもよりますが、だいたい2年半から3年が目安とされています。ですので、名古屋駅にある歯科なら楽に通院することができます。特に、ワイヤーの場合はご飯を食べている最中や歯磨きをしている時に外れてしまうこともあるので、通いやすさが鍵になると言えるでしょう。

歯型と救急車

治療費について

治療費は病院によって大きく異なりますが、大まかに言うと50万円から60万円が妥当とされています。また、自由診療なので、保険を適用することができませんが、確定申告の際に矯正歯科に通っているというと控除を受けることもできるので、領収書などは持っておくと良いでしょう。

歯

年齢に左右されない

子供の時は成長途中のため、せっかく矯正歯科で治療を受けても形が変わることがあります。しかし、成人していれば歯が動くことがないので、治療を成功させやすくなっています。ですので、年齢に関わらず名古屋駅の歯科で治療を受けると良いでしょう。そうすることによって、コンプレックスを打破することが可能です。

広告募集中